上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます(゚Д゚)ノ


熊です( ̄(エ) ̄)ノ


今年もレイヴンがんばっていこうと思います。


さっきちょっとだけやってきたんだけど、なんか微妙な変更点をたまたま発見ww


バーサーカースピンにディレイがかかる事が判明ww


これってもしかしてバーサーカー一発止めのリスクを減らせる可能性がでてくるんじゃ・・・


スピン部分単体でヒットした場合はしゃがみ帰着後にジャックナイフでその場起きを拾えるんだけど、もしかしたらそのままスカクラで拾えるんじゃね?って思ったりしたとかしないとか、

ワンチャンもしかしたアイアンフレイルとかアサステでも拾えるんじゃねぇ?

とか思ったりもしたんだけど、そこまで検証できず。


スピンディレイに気付いたのがCPU戦の仁とかもう終盤だったのが痛いww




年末には新庄の方で6初の大会にでてきました。


大会では緊張してなにもできずwww


バズソーしかしてねぇえwww


まぁ俺弱いって事でwww



遠征先の野試合ではなんだかんだで対戦してたらいつのまにやら狂拳へ(*゚∀゚)=ャ=ャ



まぁぶっちゃけ初見はわからんゴロシ炸裂です(σ゚Д゚)σYO


壁際までいったらまぁ自分で考えた背向け連携でほぼKOまでの流れww


対策できてない人は御通夜ですwww


背向けの対策できてる人には先日書いたしゃがみからのトルネードとアイアンフレイルの2択で



この2択なんだけど、わかったことはやっぱり寝っぱが比較的安全でタイミングずらしての起き蹴りに潰されたりしたから一瞬しゃがみからバックダッシュとかも混ぜてもいいかもしれないね。


まぁ取り合えず寝っぱよんだらハーケン等で嫌がらせしとかないと受身とってくれないまであるな。


あとライブモニターでレイヴンの空中コンボ~壁コンボまでの流れを大会前日にラーニングしていたのがでかかったね。


浮かせ→膝→LP→左横移動→LP→膝→


とここまではいつも通りなんだけど、ここで壁コンボまでいけそうだった場合に


アサステ一発止めだけだして背向けに移行して、相手が壁に当たったら


コールドマサカーでバウンド誘発→バーサーカーの流れ


見た目もダメージも申し分ありませんね(*゚∀゚)=ャ=ャ


壁際ではDRの頃は壁張り付きの相手にアサステ一発目がヒットした場合2発目もヒットだったんだけど、6では2発目がスカる事が多いみたいだから壁までいきそうだと思ったら背向けに移行しておき壁に当たらなかったら、バーミリオンやリバースハーケンを意識させてライフストールで位置変えやグレムリンスで壁強狙った方がいいかもね。

スカクラで締めるってのも悪くないね。




大会後の野試合で思った事がミゲルは技覚えないとだめやね。


2発目上段のやつをしゃがんで反撃したいが、アマキンの立途中技(16F)が3発目の中段派生に潰されたらしいから、しゃがみボディスラが間に合うか不安なところ、しゃがみマインやしゃがパンで割り込み、こっちからN択かけれたら理想的。


しゃがみ2択に付き合うと心が萎えそうだったので、付き合わないように努力www


バズソー打つなら打つ、投げるなら投げる、暴れるなら暴れる、下がるなら下がる。

って戦い方して相手のペースに合わさないように努力はしたけど、ミゲルのオラオラっぷり正直心が折れそうでしたwww


まぁそれよりも心を折ったを言うか( ̄へ  ̄ 凸ムカついてしょうがなかったのが、


レオの アッパー  と  立ち途中アッパー


この技の判定に怒りを覚えました!!!!


一言でいうならば、当たってませんから!!!!!!



どのくらい判定が強いかっていうと立ち途中アッパーに関しては寝っぱの相手にもヒットするくらい判定がデカイwww


それでいて横にもそこそこ強く。ガードで-13Fとかどんだけ性能いいっていうのか・・・


マジで切れそうになったね。


モーションもジャックの右アパみたいに不意に来る感じのモーションだからスカ確難しいし、なによりあのリーチが半端無いので、慎重に間合を調節しないと一発で死ねるね。

取り合えず横移動多めにしてしびれ切らして落葉打ってきたのを気合いでガードできれば理想的かな、今のところ構えを含めレオは横移動多めが良いって事ぐらいしかわからないしな。


右アパとか立ち途中アッパーには無理に確反入れようとしない方がいいね。


確反スカったりすると相手のアッパーもらって普通に死ねる。


ナムコよ調整してくれ(σ゜Д゜)σYO (σ゜Д゜)σYO



そうそう久しぶりにニコニコ動画とキャベツにあった動画のサイトのレイブン見ました。


なるほどそういう事かと一目で理解。


空中コンボを②膝スカクラバウンド~振り向きチャリオット締め~背向けN択へ


背向けからはしゃがみ振り向きローがその場起きを拾えて拾ったらのびーるローまで確定


ちなみにその後後転するとチャリオットが確定です。


寝っぱにはバットロールやバーミリオン、コールドマサカー


コールドマサカー2発目が単体でカウンターヒットでコンボへ移行可なのはしってたけど、


そこから直接膝は知らなかった。


俺だったらコールドの後はスカクラ→エゴっていってたから、膝で拾えたって事は壁コンまで考えられるし、②膝が入ったって事は、膝→スカクラ→エゴってとこまでいける可能性すらある。

もしかしたら膝じゃなくてアイアンフレイルとかアサステで拾えるまででてくるね。


まぁ軸とかも関係してくるとは思うけど、知ってて損はないね。


リバースハーケンがリスクもリターンも上がった技だから巧く起き攻めにヒットさせる事ができれば・・・


ボディスラ→膝→LP→左横移動→LP→膝→スカクラ~バウンド→振り向きチャリオット→その場起きにリバースハーケン(クリーンヒット)→膝→LP→左横移動→LP→スマッシュハンマー~バウンド→膝→アイアンフレイル


とか入ったらもう相手の体力ないんじゃねwww


しかももしかしらたスカクラ~バウンド→チャリオット締めで起き攻めループとかできたら・・・


(*゚∀゚)=ャ=ャ  する要素しかないねwww


レイヴンは2択が強いキャラだからレイジの力も巧くいかせば一気に逆転も可能のキャラだしね。



そうそう今思い出した。


背面で相手を浮かせた場合にDRとかはスカクラが結構安定で入ったんだけど、6ではなんか入らない時があるようなないような、そんな気がするのは俺だけでしょうかww

スカクラが決まればバウンドできるから起き攻めとかできるんだけど、確定ダメージが絶対に欲しいようならばダメージが高いクルセがお勧め!


とかって言いたいのだが、それだと余りに普通過ぎるので、なんかいいのがないかと模索した結果。


多分だが、ジャブ等である程度刻んだあと、今回から新技になった4RPRKWKって言う。
ユニコーン派生から分身キックまでいくやつが前段ヒットできると思う。


これなら多分確定ダメージがクルセよりも高くコマンドも難しくないのでお勧め。


まぁ使う機会が少ないので起き攻めまでは検証してないけど、機会があればヒット後の状況を調べてみます(゚Д゚)ノ



今日スティーブのウィービングの性能が改めてすごい事に気付いたんだけど、自分のキャラで横方向に強い技覚えておかないと痛い目見るだけだって事が良くわかった。


まぁレイヴンならそれが良くわかってたからボディスラ多めで戦ったのが良かったね。


ザフィーナとか横方向に強い技が全然わからなくて御通夜でしたwww



今日の対戦で1番アツイと思った展開でも書いてみよう。


相手の体力が半分までいかない位でこちらの体力があとワンツーで死ぬかもしれないといった程度、これは2択いくしかねぇと思ったので・・・


アサステ一発止め背向け→しゃがみ振り向き右キック(ヒット)→ジャックナイフエルボーカウンター狙い


といった流れでいく事に決心。


戦いの中でアサステから振り向き9RKとか見せてもぼっ立ちの相手だったから振り向きローまでいってくれればとワンチャンある思ったら、巧く空中コンボまでいって逆転勝ち(*゚∀゚)=ャ=ャ


ここでのポイントは振り向き下段右キックは当てても不利な普通の生ローとかと違ってヒットで+3Fぐらいとれるので、知らない相手は暴れてくるはずなのでそこでカウンター狙いのジャックナイフ、なんでボディスラじゃないかっていうと、もともとカウンター狙いだからっていうんじゃなくて、今回からジャックナイフエルボーには確反は無くなっているので、もしも相手がガードだった場合でも諦めないで読み合いできる可能性があるからなのですよ。まぁ今日の対戦ではそれが巧くできたので満足。


やはり初見は強いww



そうそうこの間昔全然勝てなかった、三島+フェン使いの人と久しぶりに再会したので戦いました。結果から言うと20勝3敗くらいでした。


以前は全然勝てなかった相手にこれだけの大差を付けて勝てたのは相手があまり鉄拳自体をしてなかったのもあるが、その間に経験と三島対策をしっかりしたからだと思った。

特にカズヤ戦は自分でも満足できる結果、平八戦はやはり無双がなくなってるのが大きいね。

デビルだけはちょっと特殊で奈落がやはりキツクて巧くやられると2択だけで死ぬからやっぱり三島では1番キツイね。


一昨年に東京へ2ヶ月の研修に行った時にワイレアさんって言うカズヤ使いにボコボコにされてから、カズヤ対策をしっかり自分の中で考えた結果が巧く現れた結果だったかなぁと・・・

今となってはワイレアさんに(^人^)感謝ですな♪


ワカラン殺しかもしれないけど、それは俺が悪いんじゃなくて、相手が対応してないだけ。

俺のキャラは訳わからねぇって良く周りから言われるけど、それは俺が巧く考えて連携とか罠とかしかけてるわけであって、レイヴンってキャラは結局は2択+スカしキャラ。

茶柱とかピラルクや背中さん、ガリィさんといった山形の高段の人は巧く対処してるから、わからないなら相手の対戦をしっかり見ておくことが大事だね。


チーム戦とかなら尚更1戦でも多く見て相手の癖を見抜きたいところ、新潟遠征の大会がその良い例だったね。


ぶっちゃけ、強い技しか振らないような戦い方は昔から嫌いなんですよwww


ホントはそこに甘えがある分上は狙いないって事になるんだけど、なんかそれだと処理プレイみたいで・・・


まぁレイヴンも技が多い方ではないと思うけど、いろんな特徴のある技を多くもってるキャラだと思うので、それらを巧く使っていきたいかな。

癖があるキャラを選んだのは自分だから、後悔しないように努力するだけ、6のレイヴンは以前よりも強くなっていると思うので、DRよりも上を目指したいところ。


自分の中では露骨に弱体化された技は今のところ、アサシンスティングコンボだけのような気がする。


2発目が強制ガードではなくなったためにしゃがまれる危険性がある+1発止めだと強制背向けになってしまうのが大きなマイナスポイント。


俺の中ではブライアン、アスカ、スティーブなどには返し技対策として、

ジャックなどは右横移動を仕込むための布石として巧く使ってたので地味に痛い。

ステップから使うような使いかたも以前よりは慎重に使っていかなくてはいけなくなり、やはり地味に痛い。。。


それ以外のところは強化されてる部分が多かったり、一長一短な技になってる部分が多いので、まぁ納得できるところではあるかな。


ぶっちゃけ、アサステ1発止めが正面向きと背面向きを選択できたらまだ良かったんだけど・・・・



補足として・・・


アサステ一発止めガード時、ライトゥーは振り向きガードできてもガクスンはガードできませんwww


ちなみに吉光使いの某ブログによると今回鉄拳6は背向けから振り向きガードするまでは多分9Fかかるらしい。(DRでは16F)

ということはアサステ一発止めガードフレームは-4Fか-5Fかな?

DRが-4Fだからこっちの可能性が高いかもね。


確定反撃で使えばいいんだけどアサステの間合はクルセ間合って事で・・・・


この調整がなければほとんど言う事なかったんだけどなぁ^^;


贅沢すぎるかwww




あとホーミング技のスピニングミドルの使い方がようやくわかったかも。

どういう使い方かったいうと・・・


相手の技の中でこっちをしゃがみ状態にして不利にするような技(相手がちょっと不利のような技でもいい)の後に、こっちのトゥースマ等の暴れを読んで横移動を仕込んでる相手に対して、こちらのしゃがみ状態を利用して立ち途中からホーミング技を出す使い方。


例を上げると・・・

アスカの空中コンボ等で使われる新2段技や平八の右カカト、シャオユウのダンクウ、レオのしゃがみにして有利F取る技などなど

こういった技の後、横移動スカ確狙いや横移動入れ込み右アパなどを仕込んでくると読んだ場合に使えるかもしれない。

ボディスラでも良いのでないかって思ったけど、ボディスラが弱い方向へ横移動された場合はやはりスピニングミドルかなぁと思った。


まぁ正直なところここをトルネードっていう選択肢もあるんだけどねwww


スピニングミドルは噂によるとガードで-14Fぐらいあるとかないとか言われてるので、使う時は思い切って使う必要があるけど、まぁ覚えてて損はしないよねww


ロングレンジに甘えたいところだけど、やはり高段の人には通じないから悪しからずってことだし。


相手の横方向まで読んで自分の左側へ横移動してくると読んだ場合はボディスラで良いとは思うけどね。





まぁいろいろ書いたけど、今日はこのへんでいいかwwww




それでは皆さん今年も一つ宜しくお願いします(゚Д゚)ノ



( ̄(エ) ̄)ノ  熊でした。














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/71-ebdf0739
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。