上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ 平八対策

 平八へはこちらの主力であるボディスラに無双が入る為に安易なボディスラは格好の餌食になってしまう。2択をかける際にはスピニングミドル等を使おう。

下段のバスソーは捌かれない限り浮きはしないので、そこまで使いづらくないのが幸いだ。左横移動を行いながら戦うのは他の三島家と一緒なのだが、平八は鬼人拳というダメージ効率が非常に良い技があるためにこれだけはくらいたくはない、技のコマンド上ダッシュ気味に技がでてくるので、横移動ではスカせないどころか刺さるときもあるので注意が必要。

鬼人拳をスカす事できたらしっかりとスカ確を決めよう。また自分の中で平八が良く使う技でスカ硬直が長いと感じる技が2つある。1つはゴウショウハ、2つ目が観音砕きである。

鬼人拳後などの相手の安易な置きゴウショウハを呼んでスカ確を入れることができれば相手もゴウショウハを使いづらくなるだろう。

観音砕きにはバックダッシュや時計回り横移動でスカすことができれば最高だが、ガードでも確反が無い技なので、ガードの場合は直接2択をかけよう。

ここでワンツーとかしていたら意味がないので、最低でも投げとかバズソーなどダメージに直結することやらないとダメージ効率で負ける。またキラービーが使えそうな距離でもある。

自分はまだ観音をスカす事は難しいが、ゴウショウハへのスカ確はできるようになってきていると思う。俺のレベルでもできるって事は大抵のレイブン使いができると思うので、意識して戦って欲しいとこですね。

またのびーるローガードでも浮かされない点はカズヤと同じなのだがパターンを読まれて捌きにだけは注意しよう。

またのびーるロー後などにカウンター狙いでジャックナイフエルボーも使えることを覚えておこう。ボディスラと発生は同じだが、ガードされても-11Fのためにそれほど痛い確反も受けない。カウンターヒットから3膝や前大ジャンプRK→LP→膝→スカクラフェイクといったジャックナイフ限定のコンボなんか決めればオシャレでありレイヴンを知っている感じを出すことができるww

ジャックナイフは平八だけでなく、ボディスラに痛い確反が入るブライアンやフェン、リーなどのキャラでもカウンター狙いならば使えるので覚えておこう。

注意すべき点として、のびーるローヒット後にバックダッシュでジャックナイフがスカるのでワンパターンにならないように使うこと。ジャックナイフのスカ待ちに対してはのびーるロー後のしゃがみ状態を利用してトルネード等などのスラステから攻めよう。

もしも無双や奈落をガードできた場合は遅ライからの2膝を決める最大確反の練習をしておこう。

奈落払い2発目はガードしても確反がないがこちらのしゃがみ状態ということもあり2択をかけるチャンスになる。観音砕きに注意して、キラービーや投げ、ステップからの2択やしゃがみガードを利用して直接トルネードやスラステからトルネードとスピニングミドルといった技で2択をかけてもいい。

平八の右投げ抜け後は両者背向けで五分の状態なので、背向け固有技が豊富なレイブンが若干有利かもしれない。

安易は暴れ等に背向け維持バックダッシュライフストール、しゃがみ振り向きにそのままライフストールの2つをメインにして右投げ自体を使いづらくしておけば左投げが多めになるのが読めるため、投げ抜け率アップや三島家で多い2Pへの移動手段として用いられる右投げ自体の抑制にもつながるので覚えておこう。

平八は三島の中でも上段技を読まれたとしてもカズヤやデビル仁とは違い浮かされることは無いので投げを読まれたとしても他の三島よりもリスクが小さい為に投げ抜けが甘い相手にはステカーズ等の見辛い投げをちょっと多めにしてもいいかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/62-61b686c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。