上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ジャック対策 

 ジャックはレイブンの確定反撃が安いということで、右アッパーが多めになってくることが予想できる。そこで右アッパーガード時は確実に確定反撃を決めよう。自分はジャックの右アッパーはカズヤのキエンケンと同じで生RKを使っている。

ワンツー等は先端ガードだと届かないことが多いが、生RKなら比較的安定して反撃できるのでお勧め。(先端だとRKすら届かない時もある。)

といってもこれはガードした時の話しであって、ジャックに対しては右アッパー自体をスカすような戦い方をしたほうがダメージ効率は絶対に良い。

ジャックの右アッパーを避けるために、右横移動を多めにして立ち回ろう。

例えばのびーるロー後に右アッパーを警戒して右横移動したいところだとして、自分が2Pの場合は上横移動できるが、1Pの場合右横移動ではスカせないので、ジャックだけではないが、右横移動が有効な相手には2Pを選択することも大事なことかもしれない。

遠距離では間合いにしびれてロケットアッパーやメガトンスイープ等のリーチの長い技をしっかりとガードし確反を決めれば相手も攻めづらくなるはずである。

メガトンスイープは確反としてはグレキャノというレイブンの最大級確定反撃技を決めることのできる数少ない技の一つなので、遅ライと使い分けて、自分が安定する方を決めよう。

近距離ではマシンガンナックルを捌けたら最高なので、右アッパーに注意しながら下段捌きを仕込むのも有効な手段の一つ。安易なワンツー等は右アッパーでスカされて浮かされるので、若干ダガー、アサステ等の中段を多めにしながら、右横移動や下段捌きを仕込んでおこう。

ジャックはどの投げ技でも位置替えができるが、壁に追い詰めたら追い討ちが確定する左投げや投げ抜けが難しい5F投げ(WP投げ)で位置替えを行うことが多いので投げぬけを意識しておこう。

5F投げをくらっても派生技はタイミング良くレバー4入れでガードできるので諦めないでガードしよう。(確かガードできるフレームが1Fだったような気が…)

ジャック戦は戦いづらくても戦えない相手ではないと思っている。個人的にはブライアンやポールなんかよりも戦いやすいと感じているかな。ジャックは壁攻めも結構キツイので、場合によっては壁無しステージを選んでもいいかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/60-efed8962
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。