上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ スプリントミラージュ(236)からの技
・ ブラッディーバズソー(ステップ中RP)、しゃがみステータス付きのコンボへいける下段技、レイブン版の奈落といったところ。ステップの伸ばし具合によっては早くも遅くもだすことができる。下段からの主なダメージ源なのでヒット率が=勝率といっても過言ではなく。見えない相手や、ガードされても浮かないキャラには使用頻度を上げてもいいかもしれない。ステボディスラやスピニングミドルといった技の対になる技で、意識させることにより中段技のヒット率が上がるが高段や反応の良い人はモーションを見てからしゃがんでくるので2択にならない場合が多く、そういった相手には出し方が難しい。確定反撃が入りそうもないが相手の技がスカったのは解るといった状況で下段への攻め、といった使い方や、相手の立場になってここで使ってきて欲しくないなという事を考えてだすと、ヒット率が上がるかと思われます。使い方がうまい人はやはりヒット率も高い。バズソーからのコンボ、起き攻めは詳しく解説したいと思います。

・ モータルエルボー(ステップ中LP)中段の肘技、ノーマルヒットでダウン、カウンターヒットで回復可能のよろけ誘発、ガードで‐11F(遠距離)、DRでは少しだけ技性能が変化し、5.0の時は完全に確反がなかったのですが、DRでは不利フレームが増加したかわりにカウンターで回復可能のよろけを誘発でき、回復しなければ、膝等で拾い追加ダメージを与えることができます。またガードで距離が離れるのでほとんど痛い確反はもらいません。壁際では壁やられ強を誘発できる技の一つ。肘技ということもあり返し技ができないので、壁際の返し技期待値が高い飛鳥などは壁際で使用してもいいかもしれます。バズソー等の下段を意識させることによりヒット率があがる技の1つ。壁際でカウンターヒットの場合はよろけ時にスレイプニルが確定し壁に貼りつきワンツーまで連続ヒットなので、覚えておこう。

・ ホイールエッジ(ステップ中RK)、中段技、ステップから出す側転のような技ヒットで空コンへ移行できます。ガード‐14F、技後が背向けになっているのが特徴です。この技の使い方としては2択に組み込むといった使い方よりも遠距離での置きや、相手を誘う為に使うことが多いと思われます。技後背向けになることで相手を誘い、しゃがみ振り向きからボディスラやトルネードへといった使い方が有効だと思われます。また相手との距離が近い位置で出してしまった場合は振り向きキックや、振り向きしゃばパン、返し技等で相手に攻められないようにしましょう。ステマインの暴発ででてしまうこともあるかと思われるので、そこはしっかりと練習しましょう。暴発対策って程ではないのですが、ステマインを23NRKではなく、234RKで出すようにしてもいいかもしません。(自分はステから出す技に関しては4入れの方が出しやすかったので全てこっちでだしてます。)アルカディアでこの技に対する各キャラの確定反撃表が載っていたので、確反をしっかり入れてくる人も増えているはずなので、そこは注意ですね。

・ スピニングミドルキック(ステップWK、立ち途中6RK)中段の足技、ヒットでダウン、ガード‐7F、DRからステップからでせるようになり、確反もなしリーチも長く、ヒットで追加ダメージが狙え、横方向へもそこそこ強いときてるカナリ使い勝手の良い技です。相手のしゃがみにはステップからボディスラの方がダメージ効率はいいですが、平八やブライアン、リー、仁などのボディスラへの確反が痛いキャラには2択の選択肢として使用頻度をあげてもいいかと思われます。ヒット後はチャリオットによる追撃がほぼ確定しそこから起き攻めができます。スピニングミドル後の起き攻めは詳しく解説したいと思います。

・ ケルベロス(ステップ中WP)中段中段の2段技、ノーマルでも2発連続ヒットでダウン、ガードで‐15F(レイブンがしゃがみ状態)DRでは技の性能がちょっと変化して、ヒットでダウンを奪えるようになり、ガードで反撃されるという。リスクもリターンもあがった技です。余り使われない技ですが、この技もキャラによっては使える技に変化する技の一つです。最大の特徴としては技後レイブンがしゃがみ状態になっているというところでしょう。ガードで‐15Fということもあり、ブライアンのような中段で発生の早い技が少ない相手にはステップからの選択肢の1つと考えてもらっていいでしょう。ダメージも高めで壁際では壁やられ強を誘発でき、技自体が手の技のためにバズソーを意識させればヒット率があがると思われます。壁やられ強を誘発した際にはレイブンがしゃがみになっているので、レバー前入れ等を行い、立ち状態に戻してからバーサーカーレイブ等を決めましょう。たとえ壁際でガードされたとしても安易なワンツー等の上段技はボディスラで壁に貼りつけてやって下さい。

・ トルネードディザスター(2323WK)、通称トルネード、ヒットでダウン、ガードで‐41F、DRでは5.0時代の時とコマンドが変更になってしまい見えない下段ことトルネードが使いずらくなってしまっています。これで量産型レイブンが減ったことは間違いないでしょうWW。スラステからなのでリーやロウといったスライディングを持っている人は楽にだせる技かもしれません。ガードされると各キャラがもっている最大確反が確定するほどの不利フレームなのでリスクとリターンがあっていない技ではありますが、見えない下段ということで利用価値がないわけでもないと思われます。(レイブンならばグレキャノが確反になります。)個人的にはステップからやのびーるロー後、などの後に仕込んでおくといった使い方になりますが、レイブンにはしゃがみ状態へ移行する固有技が少ないため使いどころが難しく、ここはセンスがいるところでもあります。ステップキャンセルや横移動キャンセル、しゃがみ移行技の中にさりげなく隠し、しゃがみからの選択肢の一つとして使ってもらいたいですね。取りあえずヒットさせれば問題ないってことですよWWW ちなみにカウンターヒットした場合右横移動からスカクラ系がつながったりもします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/6-36e91058
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。