上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ フェン対策

性能が良い技が豊富なフェンとレイブンは相性が悪いと自分では思っていますが、フェン戦で気をつけていること等を軽く。フェンは自分で実際に使用してみるとダウンを取れるような技が比較的に少ないと感じた。

ガクスン、ソウスイ、ゼンソウタイ、ライトゥ、レンカンタイ一発止め、ハッケショウ、あたりが比較的使用する技でダウンを誘発するが、遠距離では技がスカっていなければソウスイやハッケショウぐらいしかダウンを奪われない。そのためにフェン側としてはテッサをうまくつかって体力を削っていくと予想できる。これはこちらが体力をリードしているような場合が多い。ライトゥが届かない間合いではテッサ読みの生しゃがみを仕込んでいてもいいと思う。1回ガードできればボディスラで体力を大きく奪える。

ただフェンには尻餅という相手を特殊な状態にしてしまう技がいくつかある、ショウハと立ち途中RKなどが主な技だが、これらの技をしゃがんだ状態で食らい尻餅受身を取らないとさまざまな技が確定してしまうので、絶対に受身を取ろう。対策としては自分がしゃがみ状態でないと尻餅状態にならないことから、フェン戦では自分がしゃがみを選択しているときは尻餅受身を準備しておくといったように頭の中にセットとして考えておけば比較的尻餅受身成功率が上がるかと思われる。

近距離ではボクメンという8F技があるが実際はダメージが高いわけでもないのでボクメンを意識しすぎて技を出さないよりはある程度こちらからも技をだしてカウンターヒットに対してはしっかり後転受身を取った方がフェン側からしてもやりづらいはずだ。特に上段技のボクメン自体を読みしゃがみからボディスラを入れれば相手へのプレッシャーも違うだろう。尻餅受身同様こちらが行動するという事と僕面カウンターの後転受身もセットで頭に置いておこう。

ただあまり突っ込みすぎてゼンソウタの餌食になってしまってはなんの意味もないのでそこは気をつけよう。フェン側から横移動2択をしかけてきた場合、ゼンソウタイの対になっている技で良く使われるのが、WPと3LKの2つだが、3LK自体のリーチが短いこともあって、横移動から2択をくるようなことを読めたなら、ゼンソウタイを食らってしまっても先端ヒットならばダウンを奪われないのでバックダッシュしゃがみが比較的安全な行動になる。

遠距離で技の間合いを間違ってしまうとガクスンが飛んでくるので、遠距離での置き技は他のキャラよりも置きづらい、レイブン側からすれば置きホイールや置き鉄靴等の技はフェン戦では使いづらくなる。フェン戦では極力技をガードさせるように心がけよう。どうしても崩せないと思ったのならば投げを使おう。抜けられてもいいので取りあえず投げを多めでもしゃがまれなければリスクは少ない、しゃがみ始めたのならば投げ自体を警戒していることになるので中段の技が生きてくるのは事実である。

これはフェン戦だけに言えることではないが、フェンは特にダメージ効率負けする技ばかり使っていても勝てないキャラなので、レイヴンの技の中でダメージ効率で勝っている技だけを使うことでこちらのダメージ効率を上げるかリスクの軽減ができることを覚えてこう。

例えば…スルト、PK、ボディスラ、ジャックナイフ、スピングミドル、ヴァンプニー、ポイズンニードル、ランス、キラービーなどだ。

スルトは確定反撃を受けないので遠距離で出す技に迷った際や起き攻めでも使うことができる、発生が遅いがスカさないように使えばリスクはカナリ低い。相手の返し技だけには注意かな

ボディスラはガードでガクスンが確定だが逆に言えばそれ以上のダメージは食らわないので使っていかなくてはいけない技。

ジャックナイフも同様カウンター狙いでのびーるロー後などには使っていける。

ヴァンプニーも確反無し+ウンターでこちらがコンボへいけるため相手の時計回り横移動の抑制も兼ねて使っていこう。発生が遅いので、ダガーヒット後や起き上がりなどが比較的使いやすい。(注意点としてはリーチが短いのでスカさないように使う事!)

ポイズンニードルはヴァンプニー同様時計回り横移動の抑制と遠距離での置きゼンソウタイなどへのスカ確に使用する。

スピニングミドルはガードでも確反がないのでステップからの中段の選択肢に使える。

ランスは遠距離での置き技へのスカ確に使えて、しゃがまれなければガードでも反撃は受けない。特に置きゼンソウタイなどは技の後半部分は上段攻撃もくらい判定があるためランスのような上段技でもスカ確に使用できる。

キラービーはガードされても安い確反しかないので捌かれないようにしながら使っていこう。

PKはガードされると12Fまでの確反を受けるが自分の中では立会いで比較的多く使用される4RKを潰すために使う。例えば相手の3LPガード後こちらの横移動を読み、横に強い4RKを使ってきた場合や、それとは反対にこちらのダガーブローガード後のこちらの横移動読みに4RKを使ってきた場合、壁際のWP後なども4RKを読んだらPKコンボカウンターを狙える。このような+-1F前後のような場合、発生10Fならば勝つことができるためスカさないように使おう。(またこのとき僕面の後転受身を頭に置いておくこと)

フェンの技の中でしっかりと確定反撃を決められる技の中の一つにタンベンがあるこれはガードできれば右アッパーが確定するのでしっかりと決めれるようになろう。茶柱さんいわく『タンベンは使うと臭わせる事により相手を攻め辛くする技』だと言っていたので相手がタンベンを仕込んできそうなところではあえて手を出さずタンベンをガードする事ができたらしっかりと反撃を決めよう。


他にもいろいろ対策等あるとは思うけどなにか他にもあったら教えて下さいな♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/54-d7d0af79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。