上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ トルネードディザスター解説
 
 自分なりにトルネードの仕込みポイント的な事を軽くまとめてみましたので、ヒット率が以前より高くなってくれれば嬉しい限りです。リスクとリターンが合っていない技だとは思いますが、見えない下段なので思い切って使っていきましょう。ようは当てればいいわけですよww


① スラステから直接使う。
② しゃがみ移行技から使う。
③ 相手の技でこちらがしゃがみ状態になっているところを利用して使う。

①は普通のステップから出していく使い方です。横移動やステップキャンセル、生しゃがみ、背向けからのしゃがみ振り向き等にさりげなく隠して使ったり、空コンボの後にボディスラ等と直接2択をしかけたりする時が多いかと思われます。

②はしゃがみ移行技から使う方法です。フェンの2RPや1LK、ドラグノフの4RPや2RP、ブライアンの1LKといった技の様に技後の状態がしゃがみ状態になっている技がレイヴンにも存在します。ただしレイヴンのしゃがみ移行技は他のキャラと違い、立合いでは使いづらいものが多いのが特徴で6ではしゃがみ移行技が増えてくれることを希望しています。(レイヴンのキャベツにしゃがみ移行技が無いと書いたのは俺です。)

しゃがみ移行技としては、振り向き下段パンチ、キック後、のびーるロー後、ヴァジリスクファング後、ステロー後、ケルベロス後、バーサーカースピンしゃがみ帰着後、などかなぁ。個人的には6で技後にしゃがみになるような技の調整や新技がでてくれれば嬉しい限りですね。

まぁここまでは普通なんですよ。


③がポイントなんです!  ③も大きく分けて2つにわけることができるのですが、



1つ目は確定反撃がないので、しゃがみ状態を利用して直接トルネードをしかけていく使い方。

2つ目が確定反撃はあるが確定反撃が安いためにリスクを負ってトルネードをしかけていく使い方。



解りやすく例をあげて考えてみましょう。

1はレイの66RPガード後、マードックやドラグノフ等のタックルを抜けた後、シャオのダンクウガード後、平八の奈落2発目ガード後、などなど。こちらがなにかしら相手の技によってしゃがみ状態になっている事を利用する出し方です。

2はスティーブのドラゴ後、ブライアンのマッハキック後、フェンの2RP後、とかまぁ基本的に確反がトゥースマなどの安い確反しかないような技をガードした時にあえて確反を出さずにこちらのしゃがみ状態を利用してトルネードを狙うといった使い方で、アンナの下段技ガード後に確反ではないコールドブレードを出していくような考え方ですね。確定反撃があるので確反を入れてから次の行動を取る事も重要ですが、トゥースマヒット後の読み合いに負けることもあると考えるとこういった不確定の場面での使用も有効だと個人的には思います。個人的には相手側はガードされたらトゥースマ程度しか食らわないと思っている部分もあるので、初見ではこういった場面でのトルネードのヒット率は高い方だと思う。

また1、2ともにトルネードを意識させてボディスラ等を狙ってもいいかもしれません。(アンナのコールドブレードとリフトの2択に似てるかな)そこは相手のキャラや体力差などを考えて使っていきましょう。


1、2ともにキャラ毎にトルネードが狙える技一覧とか誰か作って下さいなWW

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/47-4a3de464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。