上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ 壁際での背向けからの攻め
 俺はただレイヴンで背向けからの攻めが好きだから背向けを結構使っているけど、別に背向けになる必要もないわけww取りあえず、興味無い方はスルーしてもらっていいです。


生背向けからは基本的に使う技は主に3つで・・・


 コールドマサカー一発止め、背向けからの振り向き2RK、投げです。


 背向けからの投げがカナリ強いって事がわかったので、最近は選択肢の中に入れました。お勧めは左投げ。レイヴンの投げの中で一番追加ダメージが期待でき、抜けられても位置変えにならないので相手は壁際のままってところもいい、振り向き2RKは見えない下段+ヒットで3F前後だと思われる。
 
 振り向きしゃがみキックがなんで振り向きしゃがみパンチじゃないかっていうとしゃがパンヒットさせてもなんかわからんけど、その後暴れてくれないと思うのは俺だけ?振り向きしゃがパンヒットだとそのあとガードするくせに振り向き下段キックヒットだとその後暴れる人多いと思う。

 そうするとその後のマインが絶対に割れないので暴れにはカウンターヒットになる。またマインはカウンターヒットだとエフェクトが変化するためにヒット確認がしやすくなる。振り向き2RKの方がリーチが長いってところもポイントの一つ、マインをガードされても生しゃがみや横移動、ハーケンなども仕込むことができ、確反がないので比較的使い安いし、読み合いができるってところもいい。

 デカキャラならば振り向きしゃがパンヒットで+9Fのため立ち状態に戻してからのワンツーが連続ヒットになるけど、ちょっと難しいので練習が必要、しゃがまれると投げとしゃがみ振り向き系の技が回避されるが、振り向きキックならば捌かれなければ浮かさせるほどのフレームではないのもいい。

 そこへガードされても+1Fのコールドマサカーを使おう。有利Fを利用してPKカウンターがヒットさせやすく、固まってきたら投げも結構使える。また横移動やアサステ~背向けやハーケン、ステカーズ、ダガー、キラービーの調度良い間合いでもあるので、壁際から逃がさないように積極的に攻めたいところ。コールドマサカー1発止めヒット時のフレームを知りたいのだが、知っている人いたら教えた下さい。

 背向けを見たらしゃがみが多い相手には、黒クルセやライフストール、しゃがパン等も回避する振り向き9RKもお勧め、リスクを抑えたいのならライフストールをいいたいところだが、相手を壁際に追い詰めたのに位置が変わってしまうのも…と思うので黒クルセがいいかもしれない。(これは今検証中)しゃがみにヒットした場合2LKまで確定で受身なら飛び越しネタもできるのもいい、カウンターなら壁やられ強に、ガードで‐11Fなので三島家とかの10F確反でダウンを奪われる相手にはちょっと使いづらいかもしれないけど、期待値は高い。

 背向けからの投げを意識させての黒クルセをヒットが理想的、迷ったらコールドマサカーをだしておけばいい。振り向き2RKヒットの後暴れないようになったら、トルネードや、のびーるロー、レバー前入れ等で立ち状態に戻した後4LPや、キラービーなんかも面白い。4LPなら上段だが相手をしゃがみにしてちょっとだけ有利なので、暴れならばまたもPKカウンターが狙えるところになる。
 キラービーが見える相手にはストームブリンガー1発止めを使ってみよう。モーションが似ている+2発目の派生があるので攻めづらく、横移動潰し+しゃがパン潰し、も同時にカバーしているのもいい、ストームブリンガー一発止め→生しゃがみなんかも仕込んでいても面白い。そうすることで壁際でのキラービーのヒット率が上がる。


 壁際で「ずっと俺のターン!」にするには有利Fが欲しいところです。しかしレイブンは有利Fをとれるような技が少なく、スルトなどをうまく使って壁際から逃がさないように戦うことはできても、こちらから攻めを行うことは難しいと思います。そこでちょっと考えたのが背向けからのN択ってわけなんですけど、(ぶっちゃけ背向けからいろいろしたかっただけですけどね^^;)使えるか否かは実際使用してみてもらうのが1番だと思います。ちなみにこの連携を初見で対応してくるような人はまずいませんでした。

 対応や暴れどころを間違うと、こちらがダメージを取れるような連携になっている+技が発生してからではガードできない連携が多いため相手がこちらの行動を読んで対応するしかない部分(背向けからの投げ、コールドマサカー、振り向き2RKなどは見てから対応はできないでしょう。)が含まれているため高段の方にも通じます。(これは実践で経験済みです。)

 生背向けからの行動のために背向けになる時間が必要なのですが、背向けへ移行するポイントとしては壁際で相手がなんらかの受身を取ってからの生背向けや、空中コンボをPKで締めて壁ヒット→チャリオットで追い討ち後、バーサーカーレイヴ後、壁際ハーケン→ハーデスorスレイプニル後、キラービーヒット後など、なんかも面白い。

 キラービーはヒットで+6F取れる技だが、レイブンは発生の早い下段技がないので反応の良い高段の人にはこのあと立ちガード安定になり攻め手に欠けるところになりますが、ここで生背向けの後振り向き2RKを行えば、背向けを見てしゃがむくらいしか対応できない+振り向き2RK自体にしゃがステが付いているためにキラービーの+6Fのおかげでジャブ等の上段暴れも無効化できるために連携を知らない人は結構食らってくれたかな。(というか立会いでいきなり生背向けをしてくるとは思ってないのが大きいみたいだけどね。)


 俺からしたら「わからねぇWW」とは言わせない!わからないように考えたんだからこちらの攻めに付き合ってもらうぜって感じ。別に無理をして背向けになることはないのですが、攻めの選択肢の中にはこういった行動も考えているレイブン使いがいると思っていただければ幸いです。レイブン使いの方にはこの連携を実際に使用してもらい感想を聞かせて欲しいところです。宜しくお願いします。


 とまぁここまでは普通だったのですが、最近友達の家のDRでちょっとプラクティスしていたら振り向きジャンプLPを壁際でヒットさせると中段で壁やられ強誘発+確反無しとか、ぶっちゃけリーチが短い以外弱点が無いような…背向けからの攻めが好きな俺としてはハシャグ要素しかないので、今度実際に使ってみて検証してみようと思う。とすると壁際で背向けからは黒クルセ使う必要無くなってくるような…




                         熊でした(゚Д゚)ノ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/33-fccb037d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。