上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ 1RP~背向け後の対策
 アサステ1発止め背向けに移行された場合の対策なのだが、ガードだと‐4F、ヒット時のフレームがちょっとわからないので、詳しくは説明できないかもしれませんが、背向けのあとレイブン側が背向けから2択をかけてくるわけですが、そこでどんな行動されたら嫌だろうと考えた結果、暴れられた方がキツイなぁと思ったわけですよ。どういう暴れなのかっていうと1番嫌なのが、発生がそこそこ早くて空コンへいけるジャンプステータス技ってところですかねぇ。まぁライトゥー系みたな感じですね。背向けからのしゃがみ振り向き系の技を無効化するだけでなく、背向けからの投げも無力にされるためにレイブン側は振り向きキックやパンチぐらいしか使えなくなってしまう。

 仮にデーモンニーっていう(レイブンの最速中段技)背向けからだせる発生13Fの中段膝技(カウンターヒットでコンボへいける)を出したとしてもこちらが1RPガードの時(‐4F)はライトゥー系の発生15F程度のジャンプステータス技が負けることはなくなり、1RP背向けがヒットしていても、ジャンプステータスを出しておけば空中ヒットになりカウンター等になったとしても追撃を入れられることはない。ポールなんかは特別でアサステ背向けがガードだった場合、発生12Fのテツザンコウを出せば振り向きパンチ、キック系をもぐりヒットさせられるので確定になる。(ジャックのアッパー等も同じ)

 例えば…カズヤなんかはキエンケンがキツイ、1RP背向けがガードされた場合キエンケンをだされた場合、打ち勝つには振り向きパンチ等ぐらいしかないために安易な中断等の選択肢はカウンターをとられてしまうので、返し技をやられたとしてもカウンターヒットの場合を考えたら、やはり期待値では勝てない。やはりレイブン側から見ると読み合いに付き合ってくれて、しゃがみガードや、立ちガードしていてくれた方が2択をかけやすい事は事実。基本的に『レイブンの2択を拒否するような行動をとること大切』であると思う。ぶっちゃけ2択を食らうくらいならば背向けになったのを確認して、暴れるくらいでもいいのかもしれない。

 補足としてレイブンが2Pにいるとき限定だと思うが、アサステ~背向け後にレバー8入れをすることにより、奥横移動+正面向きになるので背向けになったからといって横方向に弱い技を出すとスカされるかもしれない・・・ただそんな事するのは俺ぐらいなので・・・、どうして2P限定なのかって言うとアサステが右にカナリ軸ズレするからレバー8入れ横移動する事によって更に軸ズレを狙うためで、1Pだとできない事もないんだけど、レバー2入れになってしまい、しゃがみと重複になってしまっているので、ちょっと難しい。
ちなみに俺はたま~にこんな行動をしてます。

アサステ~背向け→レバー8入れにより奥横移動+正面向き→ハーケン(2P限定)

 そうすると軸ズレ+ハーケンのしゃがステで相手の技をもぐるもぐるWWW、しかもアンナのランドスリップみたいにハーケンが一瞬立ち状態みたいに見えてしゃがんでいた相手が立つ事すらあったなWW
まぁ面白い動きするから1回は使ってみてねWW。そして感想をお聞かせ下さいWW
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/26-c13cc831
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。