上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近のレイヴン


・ハーケンの先端の距離を忘れ過ぎ、特にスラッシュガード後とかの距離が丁度先端付近になる距離なので、もっと意識してださないと意味ない。


・ハーケンが見える人でもヴァジリスクは見えないの法則、ヴァジリスク後はしゃがみなのでこの後の相手の行動を覚えておくこと、左に軸ズレするから、左横移動やしゃがみ帰着からのジャックナイフやトルネードなんかもできることはできるがフレームが-5Fなので相手次第


・ギロチンへの相手の対策度で派生技の出し方を見直す、レインさんのレイヴンがそうだった。ギロチンの3発目とかはカナリディレイ幅が利くから、3発目を横移動されたと思ったら絶対に出さない事、カウンターヒット確認した場合は2発目まで出してダメージもしっかりとること


・しゃがみ帰着からの2択関係は相手によって違うから調べるために、壁際などでしゃがみ帰着技(例えば、スカクラ→アビス1→振り向きロー後)などでマインやジャックナイフ等を打ってみて試してみることが大事、この時は体力とラウンド数も大事



・両パン投げの新しい使い方をピラルクに教えてもらった、いろいろ離してみると自分がピラルクのシャイニングを見て感じていたところを聞くとさらに奥が深いようでこれは自分なりに昇華していく必要がありそう。 実戦で試して見るとコマンドミス時にハドウケンやクルセ等のスカ硬直が大きい技が暴発してしまうことだけが難点、取り合えずダッシュWP投げの練習やな


・ユニコ2発止め後の相手を見る。 2発止めから付き合ってくれる人に出し切りをする必要はない、2発止めに最速行動をしてきた場合のみ、3発目を出す選択肢を作ること。 逆に言えば2発止めになにもしてこない相手なら強引にそこから2択がいけるってことになる。  しゃがみ振り向きやディレイでミッシングエゴ2発なんかもアクセントでおくといいね。


・バットロール締めやファフ締めの場合、先端バーミリオンを意識させておくとグレムリンスのヒット率が上がることがわかった。これは面白い、グレムリンスヒット後は後転を膝で拾えるから覚えておくこと!


・マサカー出し切り~ウォーハウンドは実戦でカナリ空蝉に移行してるからカナリオススメ、ハイファナさんの教えてもらった右アパハイ~ウォーハウンドくらい空蝉移行するから使ってみて欲しい。フレーム的に丁度いいのかなぁ?


・先端バーミリオン意識しすぎでガードされること多すぎ、あと先端決めるとKOできる体力の時で初見以外はほとんど使わないでいなかいとな、何回も狙う技ではないよな^^;


・バズソーの使い方をまた忘れてる、最速で出すだけじゃなくて最遅やハフステ数回から、タイミングを一回一回変えること


・スラステからのバズソーが使えるんじゃね?って事でピラルク考案のスラステバズソーを実戦投入してみた。 うん、カナリ良い。
 スラステからトルネード打つよりもリターンもでかくてボディスラ入れることができたらかこれは使っていこうと思う。
しゃがステがしっかり付いているなら、ガンリュウの右アパガード後にしゃがんでスラステバズソーとかできたらもっとリスク与えられるし、しゃがみ反撃系で浮かない技をガードしたとき、(無双やドラゴなど)は使いすぎない程度にトルネードのようにバズソーも使っていこう。



・背向け投げは高段にも通じたので自分なりにもっと昇華して機会を増やしていきたい、それでしゃがむようなら中段が当たる。


・アサステは使っていかなくてはいけない技だと思うのだが・・・最速振り向きできないと自分の中ではまだ昇華しきれてる感じがしない。相手の対策度を確認してから使わなくてはいけない部分もあるのが難しいところ、付き合ってくれるならカナリ強技に変化するんだけどねwww
甘え過ぎかww


・トルネードからの攻めがちょっと単調過ぎる感じがする。 バーサーカーや膝飛び越し、背向けからマサカーとかアクセントでいつもと違う選択肢を使ってみることもありかもしれないね。



・左投げ後は無理しないで横歩きとかも面白いことがわかった、起き蹴りスカして( ゚д゚)ンマッ!!


・肘はガードさせれるなら強技ってのを忘れてた。 使わないとな


・ジャックナイフを最速で出してもそりゃカウンターにならない、レインさんみたいにタイミングずらしてジャックナイフ打ったりすることで固まった相手に下を打ったり投げを掴みやすくできる可能性が高いね。


・ゲート1とヴァンプニーをちょっと忘れすぎ、アクセントでおくというよりは最低ガードさせるように使えば大丈夫だよね。



まだまだ詰めるところありそうだな、ネタ的なところと言えば・・・


膝~鉄で締める部分のコンボを膝~バズキャンにすると受け身にキレイに重なるから確実に起き攻めで背向けから投げがしかけられるところが面白いかな

膝~膝なんかも2回目の膝を技とスカして起き攻めできる。ちなみに膝がスカったとしてもこっちが早く動けるのがポイント、重ねた投げの手も見にくく、展開が早いから見え難いし、相手が起き蹴り等をだしていれば初見ではカナリ投げが抜けにくいと思う。



トルネードカウンターからの起き攻めを新しく考えているので、検証してきたら書きますね。



熊でした^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/178-82410ecd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。