上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ コウトリーレインボー対策

 スカ確や縦の2択、そこそこ横にも強く、暴れ防止、1発止めが浮かせ技とカナリ使い勝手の良い技ですがガードで-13Fなのでレイヴンならアサステポイントになるよね^^

  

 この技を3発目まで出してカオスジャッジメントに以降すると-1Fという凄い技なんだけど、6無印まではこれのあとの派生全てに勝てる選択肢を持っているキャラもいました。

例えばフェンの3レンショウ2発止めとか、カズヤも4LPRPが最低でも相打ちっていう感じで対策しなくてもある程度抑制できたキャラもいたのは事実、

ただしBRでは新技の下上で連続ヒット、でしゃがみステータス付きの技(ポイズンフロッグ)がついたために読み合いが発生してしまいます。


これの簡単な対策として、左横移動がオススメです。


正確には左横移動するとこのあとの出すアンナ側の選択肢のほとんどをスカす事ができます。

側面等を取る事がカナリ多くなるので、キャラによっては側面や背面から地上連続ヒットするような技を持っているキャラ(ドラとか)はチェックして置きましょう。

また背面や側面からのコンボも考えておくと良いかも、※10連関係とか使えそうなポイントかもね


アンナ側の選択肢としては横移動と潰す選択肢があるわけなんですが、通称鯉のぼりって言われてる技で、ホワールウインドって技です。


ガードで距離が離れ反撃が届かないんですが、キッチリ-12Fなのでリスクを与えたいところ、こういう状況での攻めの選択肢を頭でイメージしておくと良いと思う。


シャオ等のいたっては確定反撃が決まるところでもあるから決めることのできるキャラはしっかり反撃を決めよう。というかシャオ以外だとポールくらい?



まとめると横移動するかホワールを潰す選択肢を用意しておくかの2択になるわけなんですが、ファジーで両方ガードすることも可能だと思います。


まず左横移動してホワールが来るタイミングだけしっかりガードするっていうイメージですね。


そうすればノーリスクハイリターン、ホワールしか振ってこなくなったらそれを潰す技を自分の中で準備していればOK、もしくはガード後の展開を考えておけってことですね。


これは知っておいて絶対損する事の無い情報なので覚えておいても良いと思います。




◎ しゃがみ2択について


 アンナといったらしゃがからの2択が強力ですよね。

でも良く考えるとしゃがまないと2択がかけれないですわ、そうすると相手しゃがませるような技の後は注意って事ですね。

レイヴンでうまく言えば・・・

『しゃがみガードしても浮かせられない技のガード後』

なんかがわかりやすいかと思う。 まぁぶっちゃけほとんどの技なんですわww


だから結構他のキャラだと振りにくい印象のあるバズソー関係も少しだけ打ちやすくなるわけです。


コンボ始動技をガードされても相手もしゃがみ2択に読み勝てば反撃できるんだからね。


アンナ側からするとそれがわかっているからレイヴン対戦だとバズソーを捌こうとしてきたり、コートリーで暴れてきたりするから相手に合わせて対処していこう。


暴れない相手ならバズソーキャンセルが活きてくるし、暴れてくる相手ならステップインガードとか、スカしてスカ確でもいいし、ここは選択肢を広くして的を絞らせない方が良いかもね。


 ※ レイヴン側から見てアンナのしゃがみ2択がきそうなポイント

・ハーケン
・キラービー
・バズソー
・ヴァジリスクファング
・ローキック
・伸びロー
・ステロー
・アサ1~振り向きロー  など

 なんかの技をガードした後は思い切って2択に付き合って、読み勝てるようにしたいところですね。^^



熊でした(*゚∀゚)=ャ=ャ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/165-baa606e2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。