上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ライフストールからのN択、対処法

◎ ライフストールヒット後、まず相手の行動を考えてみましょう。大抵は、しゃがぱん、しゅがみ振り向き、振り向きキック等の暴れ、の3つが基本行動になるのではないかと考えられます。よって基本しゃがパン等にはグレキャノ、しゃがみ振り向き等にはライフストール、暴れには背向け維持バックダッシュライフストール(別にライフストール以外でもかまわない)だと思われます。ダメージ的にグレキャノだけカナリでかいのがわかると思います。だとすると相手はこれを1番くらいたくないために、暴れやしゃがみ振り向き等やしゃがパンなどの的をしぼらせないようにしてくるはずです。上手く状況を読んでこれらの技をヒットさせて最終的にグレキャノをヒットさせることができればそのラウンドをとれるぐらいのダメージを与えることができるので、是非とも読み勝ちたいところです。ただしこれはライフストールの対処方を知らなかった場合であって、自分が考えたライフストール後の対処方ではこうはいかなくなってしまうのです。ちなみにライフストール→ライフストールと連続で相手を引っ張った場合、ガード方向が逆になる場合があるのでグレキャノをガードしづらくなることも覚えておこう。

◎ 実は自分が考えたライフストールヒット後に相手がある行動をとるとそれ以外しなくてもいいんじゃないかと思うくらいリスクを軽減できます。しかもダメージをくらったとしてもグレキャノヒット時程ダメージが高くなく、ライフストールのループ等が起きることもありません。それはなにかというと、ただのジャンプです。しかもレイブンから離れるようにジャンプを行うだけです。相手がグレキャノやバックダッシュ背向け維持ならば仕切りなおしへ、ライフストールをくらっても空中判定になっているためにダメージが安い+着地の地上でヒットさせられても背向けになっているために引っ張るような現象も起きません。ちなみにレイブン側がこのジャンプに対して技を当てるとしたらバットロールというわけになるんですが、それも空中判定になりダメージの軽減につながり、ライフストールをヒットさせたのにもかかわらず、リスクの高いバットロールを使わなくてはいけないという状況を作りだすことができます。自分の経験上ライフストールで自分が有利な状況を作った後に、バットロールを使ってくるレイブン使いはそうそういないでしょう。仮にそのバットロールが相手の振り向きしゃがパン等の読みと重なっていたとしてもグレキャノに比べたらダメージ的にかわいいものです。ライフストール後はレイブンの択攻撃には付き合わないような行動をとることを心がけましょう。

◎ またキャラによっては特殊動作を行うことによって回避できたりもします。スティーブのウィービングや吉光の吉光ブレード、レイの寝るなどなど…。背向けからの特殊な技を持っているキャラなども使い方によっては2択を拒否できるような行動をとれるので自分の使用キャラの固有技を見なおしてみよう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/16-7a9dd8a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。