上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼクシィと同じ事書いててもしょうがないのでちょっと対策とか考察っていう感じでいろいろ書いていけたら良いと思ったのでいろいろ書いていこうと思う。


対 アンナ


◎ 鯉のぼりガード後

結構対策はできてると思うんだけど、鯉のぼり後の攻め方が雑なのでこれはキッチリ2択いきたいとこ、手癖になってるとガードさせるのは当たり前、

・バズキャン
・レーヴァ
・バズソー
・スラステ2択
・ヴァンプニー
・ステカーズ  

あたりでダメージが取れる選択肢を用意したいところ、相手のしゃがみ具合や暴れ具合によってヴァンプニーやレーヴァ当たりと使い分けたいところ、ジャックナイフっていうのもありかもしれないけど、暴れない人にはジャックナイフは意味が無いから2択拒否してくるような相手だとジャックナイフが1番良いかも



◎ ヘイルストーム対策

ヘイルは2発と3発の間に13Fまでで割れるの知ってたからアサステで結構割ってたんだけど、もっとアサ1からの攻め継続しても良かったかも、せっかくの2択チャンスを潰してたのともう1つ、

ヘイルが出し切りだった場合にカウンター扱いになってダメージが大きくなるんだけど、これの時はレイヴンだとハイキックも面白くなってくると思った。

今回ハイキックがダメージ25と大きくなってる部分もあるのに対してアサステはダメージが高くなってないところもあって、同じカウンターならハイキックでダウンを取れれば受身に背向けやスラステ等で2択がいけるポイントになってくる。

このときに問題なのはハイキックのリーチなんだけ、当たるからは実際に対戦で使ってみようと思う。

ハイキックからコンボへいけるキャラなら尚更だよね。


追加で書くと・・・2発止めにはフレームだけなら右アパも入る。

もうちょっと狙ってみてもよかったのかなぁと実際のところはある。



次に今問題にでてきてる1発止め、これがいかんせんメンドクサイww

2発目の派生がカウンターで痛いのがあるから1発止め後は立ちガになりやすい、特に俺みたいに2発目にしっかり確反入れないとって思っている人ならば尚更

そうすると相手の心理からいくと相手を立ち状態にできたのだから、下段か投げだって事だよね。

これは今日考えてたんだけど、投げと下段の両方に勝てる選択肢が良いからジャンステか捌き仕込みの立ちガ+投げ抜けって結論にでた。

レイブンだとバーサーカー1発止めやサイスなんかを期待値重視で振ってみても良いのかもっていう結論、空中で拾われても安くすむし、壁無しなら比較的やりやすい行動、


捌き仕込みは投げ抜けが完璧な人だとこっちの方が良いのかもっていう事に、こういう場面では特に首狩り投げとか抱え込み肘打ちとかしてきそう、壁際とかなら首狩り投げ多くなりそうなとこだよね。


これは人読みが大きい部分だから相手の心理になって考えて行動しないとダメな部分、対策と人読み、防御力が問われてくる部分だと思う



・生ローとスクリュー

この2つの下段でちょっと迷いが生じてる、生ローはガードよりも捌きの方がダメージを稼げる、壁があるのなら尚更、スクリューは逆で捌くよりもガードした方が断然高い。

フレームでみると、

生ローはヒットで-2F、ガードで-13Fだったかな、
スクリューはヒットで+5Fでしゃがみ状態、ガードで-15F以上になってるみたい。

スクリュー後は暴れるなって事だから素直に縦の2択につき合わないといけないってことだよね。

生ロー後はメンドクサイんだけど、トゥースマが11Fだから13F程度の横にそこそこ強い中段技振っておけばある程度の暴れは抑制できるってわけだ。

それがないレイヴンならトゥースマガード後の展開を考えておくか、トゥースマ自体を潰すか、トゥースマ以外の選択肢に注意するかってことか



取り合えず今日はこの辺にしとこう。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/158-153f99b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。