上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◎ 跌釵ヒット後の読み合いについて

跌釵はヒットで+3Fなのですが、フェン側がしゃがみの為に相手の行動や最速行動で打てる技に制限がでてくるので、読み合いになるわけですが、こちらもその読み合いに対しての対処方を取ることで相手にもリスクを与えることができます。


フェン側の選択肢

登脚 → 暴れ防止、横移動には弱い

連環腿 → 横移動+しゃがみ防止、暴れには弱い

落襲把 → 横移動防止、暴れに弱い、立ちガードへの下段攻撃

生ロー → 横移動防止、相手を焦らす時に使ってくることが多い

もう一度跌釵 → 横移動にも強く、下段への攻撃

ロングレンジ → 横移動防止+位置変え狙い、暴れに弱い
 
バックダッシュ → ノーリスクだが大抵はスカ確や相手の出方を見てるので相手の情報収集

横移動 → 様子見+スカ確狙いや情報収集


その他 → 上での技の対になる選択肢を考えて技を出してくる事が多い。

例えば・・・連環腿などの横移動防止を読んで結構暴れてくる人には登脚では安いので穿弓腿を打つとか

立ちガードばかりなので上キャンして蒼蛇落襲を打ってみるとか、横移動からの入れ込みが多いから上キャンして側腹腿打っておくかとか、前ダッシュガードでプレッシャーかけてくる場合が多いと思ったら横移動から前掃腿打つとか


まぁ対戦しながらフェン側はいろいろ考えていると思う。


レイヴンなんかだと、連環腿や落襲把などを読めたらこちらがしゃがみ状態っていうのを利用してボディスラやジャックナイフを打てば期待値的には結構高い選択肢になる。


またこのとき登脚の選択肢を読んだ場合は横移動しておきスカ確の準備をしておけば、スカ確が苦手な人でもできるところでもある。


生ロー関係は最後の削りで使ったり、相手を焦らすために使う事が多いので、これに関しては捌きを入れ込んでおくことが最善の対策になる。


まぁ流れとしては・・・

最初に登脚を振ったら横移動読みが当たりスカ確を決める事ができた。



フェン側が横移動を嫌い対策として横に強い連環腿を撒いてくるようになった。



連環腿読みでジャックナイフを打ったらカウンターでコンボへいけた。



こんどはジャックナイフが読まれて横移動からスカ確をきめられた。



こんどは横移動読みで思い切ってロングレンジを使ってみた。



上段読みと横移動対策を兼ねて落襲把を使ってくるようになった。



下段技も使ってくるようになったので捌きを仕込むようになった。



相手も取り合えず様子見の事が多くなった。



様子見を読んでスラステからバズソーを出してみた。




とまぁいろんな展開があるんですけど、こういう事を考えながら対戦しろって事ですねww




◎ 打開ガード後の展開について


壁際で横移動から前掃腿を匂うわせてリスクの低い打開を打ってくるフェン使いは少なくない。
今回は破砕烈弾っていう技を横移動から出してヒット確認して出しきってくるフェン使いもいるけど、今回は打開をピックアップしてみます。

打開はしゃがみで食らうと壁やられ強を誘発する中段技でガードでもフェン側が+1Fの技です。

単体のダメージも24とそこまで低くなく立会いでも比較的リスクを抑えて使える技でもあります。


ここからのフェン側の選択肢の説明の前に・・・・


こちらの選択肢を・・・


壁が後ろにある状態なので、バックダッシュができない状態、つまり相手の2択に付き合わなくてはいけません。


基本的には


立ちガード、しゃがみガード、横移動、なにかしらのこちらからの攻撃

の4つになってくるでしょう。


そうすると相手的には


立ちガ → 前掃腿など

しゃがみガード、横移動防止 → 側腹腿など

暴れ防止 → 撲面掌など

その他(様子見や蒼蛇落襲や跌釵などこれは人によって違うよね)

の4つが基本になってくると思う。



そうすると横移動したのを見てからしゃがみガードをすれば良いと思うかもしれませんが、そこでもう一度打開を打たれてしまっては同じ展開ですし、前掃腿などを意識し過ぎて打開そのものを食らってしまっては元もこもありません。


自分的に考えた結果、打開ガード後は相手の振ってくる技がある程度予測できるので逆にそれらの技に対して対処していく方が簡単だなって思ったわけです。


例えばレイヴンなら・・・

前掃腿ならしゃがみガードでボディスラ

撲面掌読みのしゃがみボディスラ

側腹腿読みならPK暴れでカウンター狙い


といった選択肢になり、立ちガードで安定じゃない?って思うかもしれないけど、PK暴れを1回決めておくことで、撲面掌を誘い出ししゃがみボディスラを決めるっていう流れを頭の中で作っておくことが大事だと思った。しかもしゃがみガードが横移動からの前掃腿自体の下段ガードと重なっているところも良いよね^^

まぁ自分は防御力が弱いので前掃腿をボッ立ちで食らうよりはリスクがあっても暴れて良い選択肢がないかなって思ったからなんだけどね^^;

特に相手のフェン的には打開ガード→側腹腿を打っておけば発生11Fまでの技以外の選択肢全てをカバーしてるところもあるので、相手の安定行動を潰すことで他の選択肢を出させるきっかけを作っています。

6では撲面掌の変わりに3発目を意識させながら三連衡2発止めなんかも使ってくるフェン使いもいますが、3発目をカウンターで食らわなければそこまでリスクはないです。


まぁPK読みでガードから確定反撃をくらったり、蒼蛇落襲をカウンターで食らってしまったりすることもあるかもしれないけど、そこは人読みが利く部分にもなっているところなので、裏の選択肢を考えながら動くことを意識しておけばある程度リスクとリターンを釣り合わせれるかと思う。


俺は立ちガードで前掃腿がきた時だけしゃがむよ!


っていう人にはあんまり意味が無い記事になってしまうし、それが最善の対策だと思うんだけど俺は防御力が無いのでこういった状況での相手の選択肢を意識しておき、こちらの選択肢を準備しておくことでフェン対策の1つになれば良いかなって思ってます。



跌釵や打開という技1つとってもこういった読み合いが発生してるわけでこれらの状況をすばやく把握して対処していくことで相手の技、相手のキャラへの対策ができていくわけです。


全ての技への対策が無理でも相手キャラの使用頻度の高い技をピックアップしてそれに対して自分の使っているキャラの技や性能、構えや返し技などで対処できるかって考えると結構見えてくる部分があるんじゃないかなって思う。



熊でした(゚Д゚)ノ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kumatoeba.blog118.fc2.com/tb.php/139-f9e23d05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。